IR INFORMATIONIR情報

今後の見通し

Medium-Term Management Plan
中期経営計画

当社は2018年に策定した社会と当グループの持続的発展を同時に実現させるための
5ヵ年の中期経営計画「サステナビリティ戦略」を2021年8月に見直しを行いました。
「脱炭素社会」「循環型社会」「分散型社会」実現に向けた課題解決を事業機会として様々な事業を推進していきます。

中期経営計画-サステナビリティ戦略

企業理念
「創業企業」「循環企業」「求道企業」
エンビプロ・ホールディングスが最も大切にする価値観でありDNA(時間軸なし)
ミッション
「持続可能社会実現の一翼を担う」
存在意義、一定の時間軸での目的・志
(2050年までの30年間)
エンビプロが目指す企業価値
経済的価値、環境的価値、社会的価値を高め、それを持続するためのガバナンスを強化して社会から強く必要とされる会社になる
また、その目的に向かって社員一同が生き生きと働く良質なエネルギーに満ちた「場」を作る
戦略コンセプト
「脱炭素社会」「循環型社会」「分散型社会」実現に向けた
課題解決を事業機会としてチャレンジしていく
事業コンセプト
サーキュラーエコノミーの具体的事例の実現
組織のイメージ
創発的能力を備えた自律した個人の規律ある集団

戦略実現の具体的アクション

事業戦略を推進するために「既存事業の深化」「新規事業の探索」「事業ポートフォリオの最適化」

2050年脱炭素社会の実現

低炭素プロセスによる地上資源由来の素材メーカーに変革(QCDC)
Q(品質)C(コスト)D(納期)で一流の製造業に匹敵するレベルになる。
そのうえでC(カーボンニュートラル)の要素を加えた製造プロセスをつくる。
2018年にRE100宣言、2020年に2050年カーボンニュートラル宣言しRE100宣言の前倒し

業績目標

中期経営計画の最終年度となる2026年6月期までに下記の業績を目指します。
2021年6月期実績、2022年6月期目標、2026年6月期目標