SERVICE事業分野

リプロダクト事業(再生原料製造)

エンビプロ グループでは、リサイクル技術を一歩進め、廃棄物やスクラップ等から再生原料を製造するリプロダクト事業に取り組んでいます。

具体的には、リチウムイオンバッテリーからの再生コバルト、再生ニッケル製造、廃ゴムタイヤからの再生ゴム製造、廃プラスチックのマテリアルリサイクル(再生樹脂ペレット)に取り組んでおります。

製品の原材料を作る再生原料メーカーになるためには、製品品質、試作品の作製、安定供給、納期などが求められ、リサイクルとは全く違った視点での技術や事業ノウハウが必要となり、新たなチャレンジとして積極的な事業投資を行っております。

提供サービス

2次電池のリプロダクト

当グループでは、今後一段と普及・拡大が予想されるリチウムイオンバッテリーなどの廃蓄電池からニッケル・コバルトを中心とした希少金属を回収し、再生原料製造を行う再生原料製造事業を新たに開始いたしました。

具体的には、2次電池を焼成処理し、コバルトやニッケルとカーボンが混合したブラックサンドを生成し、製錬によってコバルトやニッケルの再生原料を製造することが計画されています。

既に、新会社(株)VOLTAが設立され、一部設備の稼働と営業が開始されており、将来の大量廃棄に備えた先行投資事業として積極的な取り組みが行われています。

再生ゴムの製造

当グループの(株)東洋ゴムチップは、明治時代から続く再生ゴムのパイオニア企業です。

バージン素材であるEPDM(エチレンプロピレンジエンゴム)を原料とした弾性舗装材(カラーチップ)の製造に加え、廃タイヤや製造過程で発生するゴム屑を、物理的、科学的処理を行うことにより、再びゴムの原料として使用した人工芝の充填剤や弾性舗装のアンダーパット、踏切マットや牛舎用マットなどの商品化も実現しています。

再生原料製造事業を推進しようとする当グループにとって重要な役割を担っています。

廃プラスチックのマテリアルリサイクル

中国の廃プラ輸入規制による廃プラ処理問題、海洋に浮遊するマイクロプラスチック問題が世界の環境問題としてクローズアップされ、廃プラスチックの再資源化の重要性が高まっているなかで、当グループは、プラスチックの再生原料製造事業を専門に行う(株)プラ2プラを設立し事業を開始しています。

MIXプラや混合廃棄物に含まれる廃プラからプラスチック製品の原料となる再生原料(ペレット)を製造しPlastic to Plasticを実現するとともに、将来の成型品製造に向けた原料品質向上の研究を進めています。

再生原料は、製品ライフサイクルにおけるCO2削減と環境負荷低減に大きく寄与することからクローズドループリサイクルの取り組みを推進する企業から大きな期待が寄せられており、消費された資源を廃棄するだけではなく、回収し、再利用する循環型経済モデルであるサーキュラーエコノミーの肝となる事業として考えられています。